ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月04日

ショル氏が、レーヴ監督らを批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GER Laenderspiel Benefizspiel EM 2016 Deutschland vs Slowakei 29 05 2016 WWK Arena Augsburg GE

ユーロ2016準々決勝では、イタリア代表から勝利をおさめ準決勝進出を果たしたドイツ代表。特に不満を口にする必要もない試合だったようにも見えるが、しかし国営放送ARDで解説を務めるメメト・ショル氏にとっては異なるようだ。


ショル氏が指摘する批判点は、絶えず変更する戦術面にあり、戦術面での決定にはAC陣の影響もあるとした上で、「3バックにしたことが、パスコースで慣れるのに30〜40分かかった」ことが、オフェンスに影響を与えてしまったと考察。


image

その一方でレーヴ代表監督は「イタリアは今日だけでなくずっと手強いチームであり、勝利を収めるには時にはインテリジェントさも求められる。イタリアはアウトからインにボールを入れる傾向があり、それが予想できるから対応する必要がった」とコメントしており、さらにマネージャーのビアホフ氏は「強い苛立ち」を示した上で、「ショル氏はうちでの決定の流れも何も知りもしないというのに」と批判を展開して「メメトが指摘しているようなことは決して起こらないよ」と語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報