Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月08日

シュヴァインシュタイガー、代表続行を明言せず

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ユーロ準決勝フランス戦敗退後、主将バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、今後も代表にとどまるかとの問いに対し「まずは距離をおいてじっくりと考える必要がある」とコメント。


さらに、大会に向け全力を尽くしてきたし、二度の負傷のために状況は困難だった」と、述べるにとどまった。


一方でルーカス・ポドルスキについては、「まだまだやる気はみなぎっている」とのことだが、しかし今大会ではわずか1試合、18分間のみの出場とシュヴァインシュタイガーとは大きく状況が異なっている。


2004年のユーロで18歳でともに代表メンバーに名を連ねた二人は、「シュヴァイニー」と「ポルディー」の愛称でも親しまれており、これまでローター・マテウス(150試合)、ミロスラフ・クローゼ(137試合)に次ぐ、代表出場数をポドルスキ(129試合)とシュヴァインシュタイガー(120試合)は、これまでともに重ねてきた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker