ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月16日

ドイツ代表フリックSDが辞任

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U17 EM-Qualifikation -  Deutschland v Slowakei
ドイツサッカー連盟は月曜、スポーツディレクターを務めるハンジ・フリック氏が退任することを発表した。

これはフリック氏自身が「家族との時間を大切にするため」に希望したもので、「ドイツサッカー連盟ではすばらしくも密度の濃い10年間を過ごすことができた」と振り返っている。

ヨアヒム・レーヴ代表監督のACを務め、2014年にW杯制覇を果たした同氏は、その後にスポーツディレクターへと就任。契約を2019年まで残していたものの、今回の退任により、リオ五輪を率いたホルスト・フルベシュ氏へと引きつぐこととなった。

ラインハルト・グリンドル会長は、「この10年間、多大なる貢献をしてくれた。W杯制覇に大きく寄与し、SDとして将来への重要なレールをしいてくれている。彼がさることは残念だが、彼の希望を尊重するよ」と語っている。