ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月11日

【W杯予選:ドイツ7−0サンマリノ】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
1−0:ドラクスラー(11分)
2−0:ワグナー(16分、キミヒ)
3−0:ワグナー(29分、ユネス)
4−0:ユネス(39分、キミヒ)
5−0:ムスタフィ(47分、ドラクスラー)
6−0:ブラント(72分、キミヒ)
7−0:ワグナー(85分、キミヒ)

【試合後コメント】
ヨアヒム・レーヴ(監督:ドイツ代表)
格の違いがあるので、これはあくまでテストという意味合いになる。練習で学んだことを多く実践することができていたよ。コンフェデ杯は若手選手にとって良い経験となることだろう。ワグナーにとって重要な試合の1つとなった。前線で存在感を示し、センタリングで強さをみせていたよ。とにかく精力的だった。成熟した素晴らしい人間性をもった選手であり、言葉でもチームに貢献してくれる選手。とても前向きで、オープンで、正直な性格だね。今日のお客さんはとても良い雰囲気を作り出してくれた。このチームはもっと改善点もあるが、良いアクションをみせていたと思う。そこには満足している。でもなんでもうまくいくなんていかないものさ。

ユリアン・ドラクスラー(主将:ドイツ代表)
このチームと一緒にプレーすることは楽しいね。シーズンは長かったし、まずは楽しみたいと思うものだ。前向きに、プレッシャーを感じずにコンフェデ杯に臨むよ。ワグナーはこのチームで彼が一番に取り組んでいたと思うし、ハットトリックにふさわしかったよ。

サンドロ・ワグナー(FW:ドイツ代表)
素晴らしい夜になった。ハットトリックという形で貢献できたことは素晴らしいよ。特に代表初得点は長いこと夢見ていたことだった。とにかく嬉しいし、とにかくホッとしている。ただその一方で、サンマリノが相手ではFWとして得点は義務ともいえただろう。そこにプレッシャーを感じていた。ただサンマリノ戦だったということはちゃんとわかっている。これからもアピールをしていきたいよ。自分のことに集中していきたい。来季クラブでの活躍がなければ、ドイツ代表からおよびがかかることなんてないからね。

ジョシュア・キミヒ(DF:ドイツ代表)
素早く前線へ向かってプレーしたかった。FWはとてもよくやってくれたと思うよ。まだもっと得点できたとさえ思う。でも結果にはとても満足できるものさ。コンフェデ杯には真摯な気持ちでとにかく意欲的に臨むよ。僕たちはW杯王者。適当に参加する大会など存在しない。どの試合だって勝利をおさめたいと思うよ。

アミン・ユネス(MF:ドイツ代表)
とても多くのことを学んでいたし、それをうまく実践できていたように思う。もっと得点できたかもしれないけど、でもオッケーだとはいえるものさ。まだこのチームには伸び代がある。高いクオリティをもっているよ。コンフェデ杯では王者としての威厳を示したい。

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報