ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月21日

コンフェデ杯:ドイツvsチリ戦の主審はリオ五輪決勝のファガニー氏

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月22日の日本時間27時からキックオフとなる、コンフェデ杯GL第2戦ドイツvsチリ戦を、アリレザ・ファガニー氏がさばくことが水曜日に明らかにされた。

39歳のイラン人のアシスタントには、同じイラン人のソハンダン氏とマンスーリ氏がアシスタントとして脇を固め、ビデオ審判員はポルトガル人のアルトゥル・ディアス氏が務める。

2008年からFIFA公式審判員を務めるファガニー氏は、2016年にアジア最優秀審判員にも選出。昨年に行われたリオ五輪決勝でも主審をつとめており、そのときにはドイツ代表は開催国ブラジルに、PK戦の末に敗戦を喫した。

なおそのときの五輪戦士は、今回のコンフェデ杯にはニクラス・ズーレ、ユリアン・ブラント、マティアス・ギンターがドイツ代表として選出されている。

【開始日時】
6月22日日本時間27時(カザン・アリーナ)
主審:ファガニー(イラン)、アシスタント:ソハンダン(イラン)、マンスーリ(イラン)、第4審判員:ガイガー(米国)

【先発予想】
ドイツ代表:テル=シュテーゲン – ズーレ, ムスタフィ, リュディガー – キミヒ, ジャン, ゴレツカ, J. ヘクター – シュティンドル, ドラクスラー – Ti. ヴェルナー

チリ代表:エレーラ – イスラ, メデル, ハラ, ボセジュール – M. ディアス – アランギス, ビダル – フエンサリダ, E. バルガス, A. サンチェス