ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月30日

ドイツU21:シュタークから朗報も、ゼルケは途中で練習中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


U21欧州選手権決勝が金曜日に控えているドイツU21代表。下馬評ではスペイン有利という流れにあるのだが、しかしシュテファン・クンツ監督はあまりそのことを気にしてはいないようだ。「非常に接戦となりうことだろう。ちょっとしたところが、試合の分かれ目となる」

その決戦に向けて攻守の主力、ニクラス・シュタークとダヴィー・ゼルケについては、欠場が危惧されていたのだが、少なくともシュタークについては特に問題はなさそうだ。

背中に問題を抱えていた副キャプテンだが、前日に行われた最終調整で全てに参加。これによりスペイン戦での出場には、特に障害はなくなったということができるだろう。

その一方で先日のイングランド代表戦で、先制点をマークするも打撲をうけ、後半63分に交代を余儀なくされていたダヴィー・ゼルケについては、途中で練習を中断しており、クンツ監督は入れ替えを強いられる可能性がある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報