ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月03日

【コンフェデ杯決勝:チリ0−1ドイツ】結果、コメント

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
0−1:シュティンドル(20分、ヴェルナー)


【試合後コメント】
監督:ヨアヒム・レーヴ
シーズン後という非常に苦しい状況のなかで、選手たちはこの3週間で素晴らしい取り組みを見せてくれたし、決勝では闘争心をもって一歩一歩しっかりとプレーし、いつも以上に精力的なプレーを見せていた。見事だったし、非常に誇らしく思っている。確かに立ち上がりでは選手たちはナーバスになっているところを見せていたが、しかし若いチームなのだ。決勝というのはいつも特別な雰囲気が漂った感覚をもつものだよ。こういう経験はそうそう経験できるものではない。ずっと忘れることはないだろうね。ここに参加した選手は、これからの代表選考にあたって確実に、大会前よりはいいポジションにつけたといえるだろう。ここには選手たちに、こういった大会を経験してもらうために連れてきたという部分もあった。そして当然ながら今回参加していない、とても素晴らしい選手たちがドイツに控えている。次のシーズンでどうなっていくのかみてみようではないか。タイトルを防衛するということは非常に困難なものだ。そのためにはとにかくハードに取り組んでいかないと。

主将:ユリアン・ドラクスラー
信じられない気分だね!最初はコンフェデを笑ってみていたものたちも、最後は熱い気持ちで決勝をみていたことだろう。僕たちは見事な戦いを見せていたし、今回の勝利にふさわしいものだった!それに僕たちはこれまでに一緒にプレーをしたことがないメンツなんだ。だから今回のことは特に評価されていいと思う。これからはようやく、やっと休みに入ることができるね。優勝カップを抱きながら。

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報