ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月05日

グリンデル会長「チケットの購入ルートを再検討しないと」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われたワールドカップ予選チェコ戦では、極右グループによる騒動が勝利に陰を落とす結果となってしまったが、ドイツサッカー連盟のラインハルト・グリンデル会長は「欧州の各連盟と協力して、チケットの購入ルートについてもっと規制していけるようにしないといけない」との考えを語った。

マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏の話によれば、騒動を起こしていたファンたちはアウェイ席にそのまま座っていたのではなく、むしろその脇で騒ぎ立てていたという。

「我々のほうではファンサイトを通じてしかチケットは手に入れられない」と前置きしたグリンデル会長は、「サン・マリノやチェコのような国では、確実性のあるチケット販売が行えていない状況なんだ。フリーで購入できてしまうんだよ」とコメント。このあたりは今月20日のUEFAでの会合にて話し合いが行われることになるだろう。

またFIFAはこのチェコ戦について調査を行う可能性があり、Sport1に対して広報担当は「今はまだメディアからの情報しか得られていない。これからレポートがきてから調査を行うか判断する」と語った。


なお昨日行われたシュトゥットガルトでの代表戦では、ドイツ代表のファンたちはチェコ戦でみせたような暴動に対してあらためて距離を置くことを強調した、巨大なバナーをスタジアムに抱げ強いメッセージを送っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報