ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月03日

『ナチスのチャント』でFIFAがドイツに3万6千ユーロの罰金

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


FIFAは、極右のドイツファンが、プラハにて行われたワールドカップ予選にて起こした不適切な行動に対して、ドイツサッカー連盟に3万6500ユーロの罰金を命じる判断を下した。

この試合では国歌斉唱、さらにはチェコサッカー連盟の関係者に捧げる黙祷の際にも、およそ200人のグループがナチスが用いた「ジークハイル」という言葉を叫び、さらには火器類の使用が物の投げ込みなどが行われている。なおチェコ側にも4300ユーロの罰金が命じられた。

ただし比較的軽めの判断となった理由は、試合後に選手たちがファンのところに向かわず、さらにはこの行為に対してレーヴ代表監督も強く批判を述べていたことが考慮されたようだ。