ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月06日

ドイツ代表、ロシアW杯仕様ユニフォームをお披露目

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今年最後の代表戦となる、注目のイングランド代表、そしてフランス代表とのテストマッチを目前に控え、ドイツサッカー連盟は2018年ロシアW杯に向けた新ユニフォームを発表した。今回アディダス社によるユニフォームは、27年前にイタリアでドイツ代表が優勝したユニフォームを思い起こさせるデザインとなっている。

だが今回はドイツ国旗の色である黒、赤、金ではなく、モノトーンとなっており、マッツ・フメルスは「もちろん1990年の代表のユニフォームのことは良く知っているし、あのときのことを連想するよね。ワールドカップにむけてワクワクするよ」とコメント。

一方のトーマス・ミュラーも「サッカーはどんどんモダンになっていっているし、このユニフォームはそれにうまくあったものだと思うね」と満足感を示した。

なおパンツはこれまでの伝統通りに黒となっており、GKはブルー、アウェイ戦では以前のように緑を着用することになる模様。今回のユニフォームの初お披露目は、金曜日にウェインブレイにて行われるイングランド代表戦であり、ドイツ国内ではその後にケルンで行われるフランス代表戦で着用される。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報