ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

フランス代表戦を前に、レーヴ独監督「思惑通りの1年だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今年最後の代表戦となる、フランス代表との伝統の一戦を前に、プレスカンファレンスに出席したヨアヒム・レーヴ代表監督はこの1年を振り返って、「非常に満足のいくものだった」と総括した。この11ヶ月間において、ドイツ代表は11勝3分無敗という結果を残しただけでなく、今夏には多くの主力を温存してコンフェデ杯を制覇。チームの底上げにおいても、大きな収穫を得た1年となった。「まさに我々の思惑どおりにいった年だったといえるだろうね」

なお今回のフランス戦にむけて、レーブ代表監督は特に手の内を明かすようなことはなかったのだが、ゴールキーパーについてはパリ・サンジェルマンに所属するケヴィン・トラップが先発を務めることに。ノイアー離脱の中、実に約半年ぶりの出場ということになる上、そもそもパリではいまだ公式戦での出場がないことから、今回の代表選出にはむしろ驚きの声もあがっていた。しかしレーヴ代表監督は「前回は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていたし、練習でも実戦経験の不足をあまり感じさせてはいないよ。とてもいい印象を残しているし、フランスのことをよく知っている。確かにあまりプレーはできていないが、いい感覚を覚えているところだ」との考えを示している。

さらにこの試合では先日のイングランド代表戦を欠場したトニ・クロースや、サミ・ケディラも先発メンバーに名を連ねることになるだろう。特に後者については、負傷離脱中のノイアーに代わり、この試合ではキャプテンマークをつけてプレーすることも予想される。そのほかドイツ代表では、トーマス・ミュラーやジェローム・ボアテングらも欠場。一方でフランス代表もオリヴィエ・ジルーやパウル・ポグバ、ウスマン・デンベレらが欠場を余儀なくされるが、レーヴ代表監督は「そもそもフランス代表がこの試合で全ての手の内を明かすようなことはしないだろう」とコメント。ドイツ代表自体もこの試合を1つのテストとして活かしたい考えであり、トニ・クロースも「これだけ高いレベルで強豪を相手にテストを行うところだ。ただ僕たちとしてはしっかりとプレーしないと意味がないし、公式戦と同様に勝利をおさめたい」と意気込みを語った。

ドイツ代表の先発予想:トラップ – キミヒ, フメルス, ズーレ – ルディ, ケディラ, T.クロース, プラッテンハルト – シュティンドル, M.ゲッツェ – ワグナー

フランス代表の先発予想:マンダンダ – ジャレ, ヴァラン, ユムティティ, ディニュ – ラビオ, トリッソ, マテュイディ – グリーズマン, ラカゼット, ムバッペ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報