ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月01日

独代表監督、アルゼンチン指揮官の”挑発”に「優勝候補は人それぞれ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月1日に2018 FIFAワールドカップ ロシアで行われる組み分け抽選会を前に、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が取材に応じた。フランクフルトの空港で行われたDFBアカデミーのキックオフイベントで、ロシアに飛び立つ前に記者陣からの質問に対応している。

 アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督の「ドイツ代表は優勝候補ではない」という発言について問われたレーヴ監督は「まあ、読んだけど…。私はそういったことには感情的にならないからね。その監督がそう思うなら、それでOKだよ。それは彼にとっての優勝候補だからね」と“大人の対応”を見せた。

 レーヴ監督も、サンパオリ監督が2014 FIFAワールドカップ ブラジルやコパ・アメリカでチリ代表を躍進させたことを知っているようだ。「アルゼンチン代表監督もそういったトーナメントを経験しているはずで、彼自身も何が起きるのかをよく理解しているんだよ」と話し、「優勝するためには、高いレベルで7試合をプレーしないといけないんだ。前回(大会)のアルジェリア戦のようにパフォーマンスが低下してしまうようなこともあるが、信じられないほどの安定性が必要になるんだ」と、本大会での戦いを展望していた。

 2006年からドイツ代表を率いているレーヴ監督は、10年超となった代表指揮官の経験から「人それぞれ、いろいろな考え方があるが…。最終的には、大会が始まらないとどうしようもないね。チームをベストフォームに持っていけるか、どんな選手が大会で戦えるだけのコンディションにあるのか、そういったことが大会の行方を決めるんだ」と語り、以下のように締めくくっている。

「まあ、“誰がどこを優勝候補に挙げた”ということも耳には入るけど、すぐに忘れてしまうようなものだよ。人は誰でも、自分の考えを言うことができる。でもそれは、私には関係ないことだよ」

 モスクワで行われる組み分け抽選会は12月1日(ドイツ時間16時/日本時間24時)に開催される。各国代表の運命を占う日を迎え、世界中の人々にとって落ち着かない一日になりそうだ。

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報