ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月23日

クラブからの反対のなか、明日ネーションズリーグの組合せ抽選会

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


明日水曜日からフランス、ローザンヌにてグリープリーグ組み合わせ抽選会が開かれるネーションズリーグ。しかしこの大会についてはいまもなお、クラブ関係者から根強く批判の声が聞かれている。

バイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲCEOは代表戦増加傾向への不安感を示し、ハノーファーでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は「クラブにメリットはなく、最終的に負担はクラブや選手が負うことになる」とコメント。ホッフェンハイムのアレクサンダー・ローゼンSDは「どれほどポジティブな効果があるのか疑問」であり、むしろ「金銭面」を優先した判断ではとの疑問を呈した。

一方でドイツサッカー連盟ラインハルト・グリンデル会長は「代表選手への負担はかからず、親善試合とは異なりファンへの魅力度が増す」とコメント。「そもそもコンフェデ杯の撤廃のように、選手たちへの負担も考慮している」ことを強調した。

またドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督も、「この大会によって、我々は手強いチームたちとグループリーグで戦うことができるのだ。そのことに対して反対することはないよ」との考えを示している。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報