ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月16日

ドイツ代表からサプライズ選出受けた史上最強のジョーカー、ニルス・ペテルセン

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まさにサプライズ選出だ。ニルス・ペテルセンが今夏にロシアで行われるW杯に向けた代表メンバーに選出。本人すら、このことは予想していなかったという。

今季はリーグ戦15得点をマークしてブンデスリーガ2位、ドイツ人選手のなかでは最多得点を誇ったニルス・ペテルセン。確かにその結果が報われ、今回のサプライズ選出となったのだが、ヨアヒム・レーヴ代表監督は昨シーズンにみせたペテルセンの活躍にも注目していた。

「ニルスはフライブルクという、決して得点チャンスの多くないクラブで多くのゴールを決めてきた。そして本当にとても絶好調という印象を受けているよ。それに彼はジョーカーとしても素晴らしい。投入されれば即座に試合に入っていくことが可能だ。」

昨シーズンにペテルセンは、途中出場から9得点をマーク。これはブンデスリーガ史上最多タイ記録であり、さらにここまで積み上げてきたジョーカーとしての通算ゴール数20は、ブンデスリーガ歴代最多得点数を誇る上、途中からの出場試合数が67試合のみという点も特筆すべきだろう。

一方のペテルセンは、「代表招集は僕にとって大変な栄誉だ」と喜びをみせ、「本当に、全然頭になかったんだ。だからとても感謝しているよ。このチャンスを掴めたことは、今シーズンに花を添えるものだよね」と言葉を続けている。

なお今回はペテルセンにとっては、29才にして初めての代表招集であり、リオ五輪ではオーバーエイジ枠としてU21代表に参加。決勝にまでコマを進めるも、最終的には銀メダル獲得に終わった。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報