ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月24日

メスト・エジル、2010年以来となるベンチスタート

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日に行わた最終調整では、メスト・エジルは先発組とみられるチームに属し、ミュラー、そしてブラントとともに攻撃的MFの一角を担っていた。そしてその日の会見にはヨアヒム・レーヴ代表監督は改めて、トルコ代表問題やパフォーマンス面でも批判の的となっている背番号10への支持を強調。先発はすでに確約されたものとみられていたのだが・・・。

しかしこの日のスターティングメンバーに中に、メスト・エジルの名前はなかった。2010年の南アフリカワールドカップ以来、全ての主要な大会で常に先発メンバーとして起用しつづけ、これまで代表で23得点39アシストを積み重ねてきた同選手だが、指揮官は大きな山場を迎えたこの日、エジルではなくマルコ・ロイスを起用する判断を下している。

さらに木曜の練習で首を負傷したフメルスの代わりには、チェルシーのアントニオ・リュディガーが起用。さらに最終調整でエジルと同様にAチームでプレーしていたサミ・ケディラもベンチスタートとなり、代わりにバイエルンのセバスチャン・ルディが名を連ねた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報