ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月24日

ドイツ代表レーヴ監督「我々は信じる気持ちを失わなかった」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


何というスリリングな夜を、ソチのスタジアムは用意していたのだろうか!試合開始前にはヨアヒム・レーヴ監督は、負傷を抱えたマッツ・フメルスと共に、メスト・エジルとサミ・ケディラをベンチスタートとすることを判断。立ち上がりではそれが功を奏したか、再三に渡りビッグチャンスを掴むもなかなか活かし切れず、30分すぎにはこの日サプライズ起用したセバスチャン・ルディが負傷退場。その数分後に、またしてもミスから先制点を許してしまった。

しかし後半開始早々に、この日の先発起用にマルコ・ロイスが応えて同点弾。それからドイツがスウェーデン代表を圧倒するも、なかなかスウェーデンのゴールネットを揺らすには至らず、さらに後半82分に守備の要ジェローム・ボアテングが2枚目の警告を受けて退場。数的不利へと陥ることになる。

それでもドイツ代表は果敢に攻め続け、土壇場のロスタイム5分にFKからクロースが起死回生の逆転弾。ドイツ代表は劇的な形で貴重な勝ち点3の確保に成功。試合後、ヨアヒム・レーヴ代表監督は「数的不利の中、ロスタイムで、あの様なゴールで勝利を収めることができたのだ。それは嬉しいものだよ」と、ドイツの国営放送ARDに対して喜びを語った。

「生き残りを信じる気持ちを、最後まで失うことがなかった。そのことが結果として報われたのだ。良い闘争心をみせていたと思うよ。実際、スウェーデンがつかんだチャンスらしいチャンスは、2つしかなかったさ」

またこの日にパスミスから先制点の失点の要因ともなり、そしてフリーキックから見事な逆転劇を演じてみせたトニ・クロースについても「トニ・クロースの様な選手でさえ、あのようなミスもあるということ。そしてあのゴールを決めたことを、本当に私はうれしく思っているよ」と言葉を続けている。

その一方で、この日は先発から外れたメスト・エジルについては、「毎回同じメンバーだけで、先発を組めるわけではない」と説明。なおエジルが主要な大会で先発からはずれたのは、実に2010年の南アフリカ大会以来となる8年ぶりのことだ。

またメキシコ戦と比較しても、この日はいくつかのミスはあったとはいえ明らかな改善が見られている。「今日はメキシコ戦よりもはるかにミスが少なかったね。オフェンスにいっている場面では、あの失点に絡んだあのミス1つだけだったよ」と指揮官。

さらにこの勝利がこれからの戦いにむけて、チームに勢いをもたらしてくれることを期待しており、「これが我々にとって、1つの良いシグナルにかる可能性はある。おそらくはこういった勝利を、チームは必要としていたのかもしれない。今後に向けて勇気を与えてくれるものだよ」との考えをみせた。

グループFは全チームにGL突破の可能性


しかしながらグリープFは混戦状態だ。ドイツ代表から勝利をおさめたメキシコ代表は、この日も韓国代表に勝利をおさめて勝ち点は6(得失点差+2)に。この日ドイツに敗れたスウェーデンは、共に勝ち点3、得失点差0で最終節に臨む。

2連敗で最下位に沈む韓国(得失点差−2)が、次のドイツの相手ではあるのだが、韓国も含めグループFはまだ全てのチームに突破の可能性が残されており、水曜16時(日本時間23時)からの同時開催となる試合へ大きな注目が集まることになる。ちなみにドイツが自力で突破を確定させる条件は、2点差以上をつけて韓国から勝利を収めなくてはならない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報