ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月05日

ドイツ代表クロース、リロイ・サネの奮起に期待「武器になる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンはプレミアリーグの若手最優秀選手に選出されるなど、まさに飛躍の年となったリロイ・サネ。しかしその後ロシアワールドカップ代表予備メンバーに登録されるも、最終的には予想外でレヴァクーゼンのユリアン・ブラントが選出。

 数週間前にヨアヒム・レーヴ代表監督が明かしたところによれば、その際にサネに対し「その大きなポテンシャルはわかっている。ドイツにとって重要な選手の1人になることも可能だ」と、大会後への期待感を伝達。

 しかしながらそのブラントはW杯でジョーカーとして活躍をみせ、先日ドイツ代表の新10番を担うことが発表されたものの、一方でサネは、先日のリーグ戦では観客席から見守ることを余儀なくされたなかでの、代表合流という流れとなっている。

 新生ドイツにおいて特に大きな期待が寄せられる22才のFW。そのクオリティについて疑問にもつ者はいないだろうが、代表でチームメイトのトニ・クロースも、サネのことを高く評価している1人だ。

 「基本的には、どのチームにとってもプラスとなれるだけの力をもった選手だよ。ここ、ドイツ代表においてもね」と、スピードと力強い左足をもち、ドイツ代表として12試合に出場してきた身長183cmのFWに対してコメント。

 「サネのようにまだそのクオリティを発揮できていない選手の力を出させるようにしなくてはいけない。ワールドクラスになれるだけの資質をもった選手だ」と述べ、言葉だけでなく「もしも全力を引き出せるようになれば、その時は僕たちにとってまさに武器の1つということになるだろう」と語った
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報