ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月06日

インタビュー:ドイツU21代表の新主将ルーカス・クロスターマン

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヨナタン・ター、そしてティロ・ケーラーらのA代表招集を受けて、これから迎える代表戦期間では、新たにドイツU21代表の主将へと指名されたルーカス・クロスターマンが、これから迎える欧州選手権予選とタイトル獲得、そしてA代表昇格への夢について語った。

…U21代表として最古参。主将就任は予想通りだった?:「それが1つの大きな理由になっているとは思うよ。長い間、僕はここでプレーしてきたからね。それにボーフムのU17、19時代でも主将を務めた経験があるんだ」

…特別な思いが?:「監督からそういったタスクを任されるという信頼については嬉しく思っている。でもそれ以前と何か大きな変化があるというわけではないよ。僕はこれまでにも、チームの前に立ってプレーしていきたいと思っていたから。U21代表では大きな目標を掲げているし、重要なことは意欲的にプレーし、そしてリーダーシップを発揮できる選手たちを揃えていくことだと思っている。」

…クオリティある選手を失う結果になったが、予選突破に支障はない?:「もちろんさ。当然彼らの不在というのは残念なところがあるけど、でもどの選手もその目標に向かって熱心に取り組んでいるわけだし。いつの日か一番上でプレーしたいと。それにこういうことが起こるということは、これまでのドイツU21代表の戦いぶりに対する評価の表れでもある。欧州選手権の予選は突破でくるものだと確信しているし、新しく入った選手たちは早くなじませていって、そしてプラスの存在へとしていかないとね。

…自身もA代表への夢が?:「もちろんさ。誰だって次にステップアップしたいと重いものだよ。そのためにこれからも頑張っていく。U21代表でもクラブでもね。そしていつかは招集してもらえるように願っているところさ。まだ監督との直接のコンタクトはないんだけど、でもいつかその時がくればと思っている。」

…主将に任命されたことで、目標はU21欧州選手権に?それともA代表?:「それは難しい質問だよ。誰だってA代表でプレーしたいと思うものだし、でもU21代表でも同じように、大きな挑戦にむかって楽しんで戦っているんだ。ただ今はここにいるし、いまはU21代表のことだけを考えているよ」

…右と左、どちらのプレーを好んでいる?:「僕自身は、かなりフレキシブルなタイプの選手。ただ右のほうが、少しプレーしやすいかな。利き足を考えると」

…つまりは、いつかジョシュア・キミヒを脅かしたいと?:「僕としては、これからも自分自身が成長していくことが大事だと思っている。そのために僕は、これからも全力を尽くしていくよ」

…ヘンリクスも両サイドでプレー可能。2人ともA代表入り揃い踏みとなる?:「そのために僕たちががんばっていかないとね」

…ライプツィヒは今季の出だしでつまづいた:「ドルトムント戦については、結果が大げさなものになってしまったとは思う。決してそこまで悪い戦いをみせていたわけではなかった。ただ失点の場面についてはいただけなかったけどね。デュッセルドルフ戦では打開力に欠けてしまっていたよ。でも僕自身はこれからの戦いでもっと良くなっていくと自信をもっている」

…監督兼SDについて:「僕地震は決して不慣れなものではないよ。ライプツィヒが1部に昇格したシーズンでも同様だったし、何か新しくなるわけではないし、何かかわる訳でもないんだ。ただ僕たちは再び欧州の舞台に立つことができている。これはとても大きなチャレンジだと思うし、僕たちとしてはさらにチームとして成長していきたいと思っているところだよ」

…五輪では優勝に近づきました。2019年の欧州選手権でもタイトルを狙いたいところでは?:「もちろんそれができれば素晴らしいことだよね。でもまずは何よりも予選を突破しないことには。これ自体、十分に難しいタスクなんだから」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報