Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月09日

ライトナー、不死鳥のごとく復活なるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lei-1452273961


ドゥバイでの初練習を終えてトゥヘル監督は、モリッツ・ライトナーに対して賛辞を贈った。


「モリッツは素晴らしい話題の選手だよ。いい例となっているね。下部チームにあって頭をさげるのではなく、むしろ印象的だった。とても素晴らしかったよ。賛辞を受けるに価する。いかにチームを思い、クラブと自分のために打ち込んでいくのか。彼はまさにその模範例さ。決して頭をさげることなく、チームを良くするために戦っていた。」


昨夏にレンタル先のシュトゥットガルトより2年ぶりに復帰したライトナー。だが今夏オプションがなかったために、クラブに残留したをトゥヘル監督は明かしている


「だがモリッツは、何もないところからチャンスをつかんで見せた」と語った指揮官は、「彼の移籍は、私の考えにはない」との考えを示した。


まさにライトナーは、不死鳥のごとく何もない灰から復活を遂げようとしている。



グアルディオラ監督の退団を惜しむトゥヘル監督






tuchel-1452279267


そのトゥヘル監督は、先日発表されたグアルディオラ監督の今季限りの退団を非常に惜しんだ。


「彼は特別な、とても素晴らしい監督なんだ。彼のチームに彼の手腕によって、別次元のプレーを実践させてみせるんだよ」

トゥヘル監督にとってグアルディオラ監督は模範であり、10代のころからグアルディオラ氏はアイドルのような存在だった。「彼のような素晴らしい人間から学ぶのはいいことだね。もっとしっかりとできるよ」


クリスマス前にグアルディオラ監督は、正式に今季限りとなっているバイエルンの契約を全うして退団することを発表。行き先については明かされていないが、すでにプレミアへの希望を公言している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker