ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月11日

トゥヘル監督「ロイスにとても満足している」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bvb8-1452423818

トーマス・トゥヘル監督が語る・・・


… オーバメヤンが遅れて合流

もちろん数日間いなかったのは嬉しい事ではないさ。もしも必要なければ、我々全員がまだ休暇にあるだろうからね。彼に合わせて、負担をうまく調節していくことになる。日曜日には軽く持久力のための練習を行った。月曜には通常通り練習に参加するよ。そもそも今回は、夏に6週間行うような通常のキャンプとは異なる。いい形でミックスさせていくことになるし、オーバメヤン自身も個人的に練習を行ってきた。1つのチャレンジではあるのだが、大きな問題というほどのことではないよ。


オーバメヤン、そして我々にとってのチャレンジといえば、多くの賞賛の声への対応というものもある。うまく距離をとって、自分たちの道を引き続き歩めるよう、しっかりとした姿勢で臨むということだよ。


… シャヒンとドゥルムについて

ヌリは長期離脱開けだ。我慢が必要だよ。彼が毎日練習場に姿をみせ、ゲームにも参加しているのはうれしいものだ。しかしまだそこまで対人戦に臨んでいるわけでも、シュートをしているわけでも、体をいじめているわけでもないんだ。まだ時間はかかるよ。


エリックに関しては少しケースが異なるね。彼の場合は手術を受けており、いまはとても自由を感じていて、頚椎付近の筋肉の問題で少し休憩をしているだけなんだ。練習試合に参加できるとみている。


… ベンダーとシュメルツァについて

冬季準備期間が始まって以降、マニはまだチーム練習に参加できていない。まだはっきりとした診断が出ていなくてね、復帰時期はわからないんだよ。全てに参加できないということはないとは思うのだが。しかしこのことはみんな驚いていることなんだ。日々患部をよくしていくということ。選手数がそこまでいるわけではないのだから、彼がいてくれたらと思うよ。


シュメレはより良い感覚を覚えているようだ。数日以内には練習に参加することができそうだよ。


…ロイスと同選手の負傷について

彼が29試合に出場できればとは願うものだが、しかし現実的に考えて、彼の練習する姿をみればとても満足できるものだよ。集中した、そして軽くなった印象を受けている。練習場で彼を見ることは、大きな喜びだ。まだ少し不足しているところがあるから、我慢が必要な部分もあるよ。我々は信頼する必要があるし、ロイス自身も自分の体を信頼できるということ。そのあたりに今週は取り組んでいて、彼が見せる意欲的な姿はまさに素晴らしいものだ。


彼は我々のため、そして自分のために取り組んでいる。どの練習でもね。そういうエネルギーを醸し出すんだ。彼が良い状態であると感じられるように努力するよ。それがたった1つの方法。過去を振り返ることは致命的さ。いまこの場この瞬間を、彼は自由にすごしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報