Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月15日

ラモスの奮起を促すトゥヘル監督

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ramos8-1452757647

土曜日にアドリアン・ラモスと話し合いを行っていたトゥヘル監督。日曜日にメディアからそのことについて問われると、「次の質問にしてくれないか。あまり書ける内容ではないのでね。私は感情的な人間だよ」と答えた。


「真摯な姿勢で取り組むということ。それでパフォーマンスを発揮できるものなのだ。それは脚光を浴びる選手だけでなく、ラモスのような出場機会に恵まれない選手にも言えることだよ」


なお、そのラモスは先日のフランクフルト戦で2得点。それでも指揮官は「判断するには時期尚早だ。ベストコンディションで、状況をアクセプトするラモスが必要だよ」との考えを述べ、「アドリアンのポジションはトップ。そしてそこには18得点を既にとった選手がいる。そういうことだ。それをタフだと言わねばならんのか?いや違う。彼にはちゃんと居場所があるんだ。だからポジティブに構えで全力で取り組んでいかないと」と、29歳のコロンビア人FWの奮起を促した。


なおそのラモスには昨夏、プレミアへの移籍も浮上していたが、しかしCFはドルトムントに2選手しかおらず、代わりの選手を確保しない限り移籍は厳しいだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker