ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月28日

ピシュチェクと延長

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1453891696

フメルス、ギュンドアン、ミキタリアンら、2017年まで契約を残す主力選手を抱えるボルシア・ドルトムントだが、ミヒャエル・ツォルクSDはすでに、ウカシュ・ピシュチェクと、2018年まで契約を延長していたことを明かした。


レヴァンドフスキ、ブラスチコフスキらととともに、ポーランド3人衆の一人としてリーグ優勝などを果たした右SBは、ドルトムントでの在籍期間でリーグ戦144試合に出場。9得点27アシストをマークしている。


ただし今季は怪我の影響もあり、ドイツ代表マティアス・ギンターに先発の座を明け渡す時期もあったものの、しかし再び定位置を確保してシーズンに臨んでいるところだ。


スペインの若手獲得か


先日アトレチコのオリヴァー・トレスの名前が浮上したボルシア・ドルトムントだが、スペインのアスやマルカが伝えたところによれば、ミケル・メリノの獲得に迫っている模様だ。U19欧州選手権にて優勝を果たした19歳の期待のMFの獲得には、移籍金400〜500万ユーロが見込まれている。