ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

公式ソース:Borussia Dortmund |  2016年02月01日

ドルトムント公式:1月31日

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2-0:インゴルシュタット相手に苦しみながらも勝利


ボルシア・ドルトムントはインゴルシュタットを2-0(前半0-0)で下し、ブンデスリーガ2位の座を固めた。しかし、ゲームを支配しながらも苦戦し、ようやく均衡を破ったのは残り15分を切ってからだった。

続きを読む>>






「90分間、一瞬たりとも気が抜けなかった」


「しっかり反省して前に進んでいかなければならない」。FCインゴルシュタットを2-0で下した試合について、ゴンサロ・カストロはそう話した。インゴルシュタットのマルビン・マティプは主審のジャッジを批判しながらも、「ドルトムントのほうが力は勝っていた」ことを認めた。両陣営の試合後の反応を紹介する。

続きを読む>>






“爆撃機”の記録に迫るオーバメヤン


ここまでの19試合で勝ち点を44に伸ばしたボルシア・ドルトムント。同時期でこの数字を上回ったのは、1994-95シーズン(勝ち点46)と優勝した2010-11シーズン(同47)の2回しかない。しかも2位チームとしては、第19節終了時点でブンデスリーガ史上最多の勝ち点を積み上げている。

続きを読む>>






「最も重要なのはチームの勝利」


ゲルト・ミュラーの足跡をたどり続けるピエール=エメリク・オーバメヤンだが、このボルシア・ドルトムントのストライカーに浮ついた様子はない。「最も重要なのは、自分のゴールでチームが勝利を収めたことさ」とオーバメヤンは語った。

続きを読む>>






ドゥルム:「ものすごくハードだった」


エリック・ドゥルムがピッチに戻ってきた。公式戦で2015年5月30日以来となるスタメン出場を果たしたボルシア・ドルトムントの左SBは、2-0で勝利したインゴルシュタットとの戦いで、「脚が重くなっていた」ことを明かした。

続きを読む>>






インゴルシュタット戦の勝因は忍耐と少しの運


FCインゴルシュタットに2-0と勝利したボルシア・ドルトムントは、2位確定にまた一歩近づくと同時に、3位ヘルタBSCとの勝ち点差を10に広げた。

続きを読む>>


  • ブンデスリーガ・各チーム情報