Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月08日

精彩を欠いたオーバメヤン

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1454843164


リードをしていない状況で、ピエル=エメリク・オーバメヤンがピッチを後にすることは、非常に珍しいことだ。だがトゥヘル監督は、0−0で迎えたヘルタ・ベルリン戦で、代わりにアドリアン・ラモスを投入している。


その理由について指揮官は、「決定機をつくりだせないという感覚を覚えていた」とコメント。この試合でのオーバメヤンは、ボールタッチはわずか11にとどまり、そしてただの1度もシュートにまで持ち込むことができていない。対人戦勝率も0%となった。


だがマティアス・ギンターは「無得点に終わったことを、1人の選手の責任に押し付けることは間違いだよ」と擁護、マルセル・シュメルツァも「僕たちはあまりにシンプルにプレーしていた。それはフィジカル的にしっかりと対峙できていなかったからだ」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker