ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月14日

ドルトムント公式:2月13日

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1-0:ムヒタリアンの1点でハノーファー下す


ブンデスリーガ第21節でハノーファー96を迎えたボルシア・ドルトムントは、終始押し込みながらも1-0の勝利。今シーズンのリーグ戦ではホーム10試合で9勝目となり、従来のクラブ記録を塗り替えた。

続きを読む>>






「後半に入って状況を打開した」


「胸の高鳴りを抑えられなかった」。今シーズンのホームゲームで初出場を果たしたネベン・スボティッチは、ハノーファー戦を終えてそう明かした。この試合での収穫はスボティッチの復帰だけではなかった。トーマス・トゥヘル監督はSkyのインタビューに対して「パフォーマンスには不満が残る」と話したものの、結果には満足感を示し、ヘンリク・ムヒタリアンも自身のゴールを喜んだ。試合後のリアクションをいくつか紹介する。

続きを読む>>






早くも昨シーズン以上の勝ち点を獲得


総走行距離ではハノーファー96(121.2㎞)がボルシア・ドルトムント(114.2㎞)を7㎞上回ったが、内容で勝っていたのは明らかにBVBだった。シュート数で14対4と大差をつけたBVBは、僅差ながらも妥当な勝利を収めたと言っていいだろう。13日に行われた試合の主なデータを以下にまとめた。

続きを読む>>






トゥヘル監督:「過密日程に挑む覚悟はできている」


トーマス・トゥヘル監督は「怯むことなく、そしてコンパクトに守っていた」ハノーファーとの試合を「タフなゲームだった」と振り返った。それでも勝利できたことには満足感を示し、この先に控える過密スケジュールに挑む準備はできていると主張した。指揮官の試合後のコメントをまとめた。

続きを読む>>


  • ブンデスリーガ・各チーム情報