ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月16日

ドルトムント、メリーノを獲得

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

merino800-1455554972


既報通りボルシア・ドルトムントは、オサスナからミケル・メリーノを獲得した。昨年にU19欧州選手権を制したスペイン人MFは、2021年までの契約にサインしている。


「来季に向けて、今回の移籍が成立してとてもうれしいよ」と、ミヒャエル・ツォルクSDは語った。今冬にも獲得に動いたドルトムントだったが、「大きな才能」(ツォルクSD)をもった19歳を、今夏迎え入れることに成功した。


メリーノは「ボルシア・ドルトムントは欧州でとても名前の通ったクラブだ。ここはとても特別なサッカースタイルをもったチームであり、欧州最多の観客動員数を誇るこのスタジアムをもち、そしてチーム愛をもった熱狂的なファンたちの前でもうすぐプレーできる。光栄に感じるよ」と、ステップアップへの喜びを語っている。


クラブ間ではすでに、先週の時点で今夏の移籍で合意に達しており、あとはメディカルチェックを残すのみとなっていた。移籍金額についてはクラブ側からの発表はないが、スペインのメディアは移籍金370万ユーロで、さらに500万ユーロのボーナスが含まれていると伝えている。


なお今回の獲得は、イルカイ・ギュンドアンの移籍に備えたものではないだろう。身長188cmのMFはボランチタイプであり、定位置を争うことになるのはむしろユリアン・ヴァイグルやヌリ・シャヒンということになるはずだ。


もう一人ボランチを本職とするスウェン・ベンダーについては、むしろCBの方向で構想に入れられている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報