ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月16日

ギュンドアン、ドゥルムの出場が疑問視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fußball 1 Bundesliga 25 Spieltag Borussia Dortmund Bayern München am 05 03 2016 im Signal Iduna

木曜日に敵地ホワイト・ハート・レインにてトッテナムとのEL16強セカンドレグが控えているボルシア・ドルトムントだが、火曜日にイルカイ・ギュンドアンがチーム練習復帰を果たした。


トッテナムとのファーストレグに向けた練習中に、足に打撲を抱えたドイツ代表MFは、週末のマインツ戦でも欠場を余儀なくされている。


確かにチーム練習に復帰しているが、ファーストレグで3−0と勝利を収めていること、さらにトッテナムがリーグ戦に集中する状況にあることも踏まえ、トゥヘル監督がリスクをおかしてまで起用する必要はないだろう。仮に出場するにしても、途中からの出場になることが予想される。


さらにマインツ戦で大腿に打撲を受けたエリック・ドゥルムは軽いランニングをこなしており、こちらもギュンドアンとともに出場が疑問視。過度伸展を抱えるスウェン・ベンダーについては、まだ時期尚早だ。一方でチーム練習参加を見合わせたピエル=エメリク・オーバメヤンについては、負傷を抱えたというわけではなく、あくまで体をいたわっての判断とのこと。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報