ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月16日

ギュンドアンが遠征メンバーから外れる

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ilkay GUENDOGAN Gündogan DO mit gesenktem Blick skeptisch traurig Skepsis Frust Fussball 1


水曜日に一路ロンドンへと向かったボルシア・ドルトムントだが、その一行のなかに、イルカイ・ギュンドアンの姿がなかった。


ギュンドアンは先週行われた、EL16強トッテナム戦1stレグに向けて行われた練習で足を打撲。週末のマインツ戦でも欠場を余儀なくされている。火曜午後に行われた練習では、チーム練習復帰を果たしていたものの、1stレグで既に快勝を収めている上、トッテナムがリーグ戦ん集中するという状況からも、ドルトムントが敢えてリスクをおかす必要はなかったと言えるだろう。


さらに過度伸展を抱えるスウェン・ベンダーも帯同していないが、マインツ戦で足を打撲したエリック・ドゥルムと、火曜日の練習参加を見合わせていたピエル=エメリク・オーバメヤンは、ともにロンドンへと向かった。


またトッテナム戦にむけて、ツォルクSDは「まだ勝ち抜けているわけではない。欧州の舞台では、これまでにもサプライズは演じられている」と警戒心を示し、「いい立ち位置にあることは理解しているよ。でも前回見せたようないいパフォーマンスを見せる必要がある」と語っている。