ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月30日

ヴァイデンフェラー、海外への移籍は無し

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

weidenfeller800-1459180005

2002年からドルトムントに在籍し「クラブの成長をすべて見てきた」ロマン・ヴァイデンフェラー。倒産の危機、残留争い、そして国内2冠達成・・・、地元紙ルール・ナハリヒテンとのインタビューに応じた同選手は「その中で僕は、重要な役割の一端を担ってきたよ」と言葉を続けた。


だが今シーズンはその状況が変わった。今季から就任したトゥヘル監督は、クロップ前監督時代では守護神として君臨したヴァンデンフェラーをELで起用し、リーグ戦とポカールでは昨夏加入のロマン・ビュルキを先発として起用している。


それでも2月にドルトムントとの延長を結んだ同選手は、既に海外への移籍は考えにないことを明かし、「妻が妊娠した時に、ここに残りたいというのははっきりしていた。たくさんの友人たちがいるし、だからここに居を構えることにしたんだよ」とコメント。


また契約が切れる2017年以降については、まだ特に決断は下してはおらず、2014年にブラジルW杯を制した35才のベテランは「基本的にはプロとして、できるだけ長くプレーしたいさ。ただ来年の夏のことはわからないよ。体調が良ければいろんな可能性があるさ」と述べた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報