Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月31日

クロップ監督「ドルトムントは非常に手強いが勝機はある」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

klopp2800-1459356134

古巣ドルトムントとの対決を来週木曜に控え、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は「この戦いが特別であることに議論の余地などない。7年間いたのだからね」とコメント。ただあくまで個人的なものではなく、「素晴らしい2クラブによる」激突であることを強調したが、しかしリーグ制覇2回、国内2冠達成、そしてCL決勝へと導いた同氏の帰還への注目は避けられないだろう。


現在のドルトムントについて、クロップ監督は「非常にタフな抽選結果だよ。ドルトムントは非常に手強く、彼らが優位な立場だ」と評価。だがその一方で「ただ勝機はあるさ。我々は比較的優位にあるクラブから勝利を収めているのでね。嫌な気分ではなくはないさ。プランを実践できれば、我々との戦いはそう簡単なものではないよ。」と語った。


昨シーズンまで率いていたクロップ監督にとっては、ドルトムントに在籍する多くの選手のことを知っているという強みがある。だがあくまでそれは限られたものだとも見ており「ドルトムントの完全攻略法があるなんて言えば、ちょっと笑っちゃうよね。監督としてあらゆる策を講じるが、しかしあくまでそれを実践するのは選手達だよ」との考えを述べている。


その一方で、先日イタリア代表戦でゴールを挙げたバイエルンのマリオ・ゲッツェに対し、リヴァプールからの関心が伝えられたが、この噂についてはクロップ監督は特にコメントすることなく、復調を目指す元教え子の得点に大きな喜びを見せた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker