ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月01日

スボティッチ移籍でズーレに関心?オプションは新MFメリーノか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Soccer 2016: White Hart Lane Stadium MAR 20

クロップ前監督時代では、長年主力を務めてきたネヴェン・スボティッチ。しかしトゥヘル監督が就任した今シーズンでは、ドルトムントのCBではフメルスとソクラテスが定位置を確保。さらにボランチのベンダーもCBとして起用されており、苦しい状況が続くスボティッチの放出も検討されている模様。


そんな中、ホッフェンハイムのドイツU21代表CBニクラス・ズーレに対する関心が伝えられたが、こちらはkickerが得た情報によれば、まだドルトムントの考えにないようだ。


仮にスボティッチが移籍となった場合、オプションとして考えられるのが、今夏にオサスナより加入するミケル・メリーノである。確かにボランチを主戦場とする若手MFだが、バイエルンではボランチとして獲得した同じスペイン人のハビ・マルティネスがCBとして成功を収めたことや、今季では若手MFジョシュア・キミヒがうまく穴埋めした例がある。


またドルトムントでは、マティアス・ギンターも、CBとしてプレーすることが可能。


その一方で、2017年まで契約を残す、マッツ・フメルスの去就も気になるところだが、こちらはkickerが得た情報によればユーロ2016の前に、決断を下したいと考えている模様。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報