Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月15日

リヴァプール、大逆転で打ち合い制す…香川先発のドルト下してEL4強進出

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグが14日に行われ、リヴァプールと日本代表MF香川真司のドルトムントが対戦した。香川は先発出場を果たしている。


古巣対決に燃えるユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールは、敵地でのファーストレグを1-1で引き分けた。同試合でケガを負ったイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが欠場となった一方、中盤にはドイツ人MFエムレ・ジャンやイングランド代表MFジェームズ・ミルナーらが起用された。また、前線ではブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、同FWロベルト・フィルミーノ、ベルギー代表FWディヴォック・オリジがスタメン出場を果たした。


一方のドルトムントは、準決勝進出へ向けて得点を奪うことが絶対条件となる。ファーストレグで出番がなかった香川に加え、ドイツ代表FWマルコ・ロイスやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンらが先発起用された。


試合開始5分、早くも試合が動く。ドルトムントが自陣でボールを奪い、一気にカウンターを仕掛ると、ゴンザロ・カストロの浮き球のパスからオーバメヤンがボレーシュートを放った。これはGKシモン・ミニョレが何とか反応するが、こぼれ球をムヒタリアンが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。


さらに9分、ロイスのスルーパスを受けたオーバメヤンがエリア内に進入。そのまま右足を振りぬくと、ボールはゴール右上へ突き刺さり、追加点を挙げた。


2点のリードを許したリヴァプールは17分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したオリジが、エリア内で右足を振りぬいた。しかしこれはDFにブロックされ、得点とはならない。


25分には、ショートコーナーからのクロスボールにフィルミーノが頭で合わせるが、枠をとらえることはできなかった。


3点目を狙うドルトムントは36分、ロイスとのパス交換からオーバメヤンがエリア内で右足のシュートを打つが、ボールは枠の右へ外れる。


さらに43分、ムヒタリアンが右サイドからクロスを上げると、エリア内で香川が右足のシュート。しかしこれはGKミニョレが落ち着いてセーブした。結局、ドルトムントがリードを保ったままハーフタイムを迎える。


後半開始直後の48分、リヴァプールはジャンのスルーパスで抜け出したオリジがGKローマン・バイデンフェラーの股を抜くシュートを放ち、1点を返した。


しかし57分、ドルトムントが再びリードを広げる。最終ラインからボールを持ち運んだマッツ・フンメルスのパスを受けたロイスがエリア左から右足でシュート。ボールはゴール左下へ吸い込まれた。


66分、再びリヴァプールが1点を返す。コウチーニョがミルナーとパス交換。そのままエリア外の密集からミドルシュートを放ち、ゴール右下へ突き刺した。


勢いに乗るリヴァプールは78分、CKからママドゥ・サコがバウンドしたボールをヘディングシュート。ボールはゴールに吸い込まれ、同点に追いついた。


後半アディショナルタイム1分、ついにリヴァプールが逆転する。FKをつなぎ、エリア右に進入すると、ミルナーが上げたクロスにデヤン・ロヴレンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。


直後に試合はタイムアップ。リヴァプールが4-3でドルトムントを下し、2試合合計5-4となり準々決勝突破を決めた。香川は77分までプレーしている。


なお、リヴァプールの次戦は17日、プレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦。一方のドルトムントは同日、ブンデスリーガ第30節で日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと戦う。


【スコア】
リヴァプール 4-3(2試合合計:5-4)ドルトムント


【得点者】
0-1 5分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
0-2 9分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-2 48分 ディヴォック・オリジ(リヴァプール)
1-3 57分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
2-3 66分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
3-3 78分 ママドゥ・サコ(リヴァプール)
4-3 90+1分 デヤン・ロヴレン(リヴァプール)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker