ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月24日

香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、シュトゥットガルトと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦3試合連続で先発出場となった。


リーグ戦は今節を含めて残り4試合。後半戦に入って10勝3分けと未だ無敗を維持しているドルトムント(勝ち点71)は、首位バイエルン(勝ち点78)と勝ち点差「7」で2位につけてる。今節は敵地に乗り込んで15位シュトゥットガルトとの一戦。逆転優勝への望みを繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げておきたいところ。


試合は開始21分にドルトムントの先制で動く。左サイドを突破したヘンリク・ムヒタリアンがグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ香川が、倒れ込みながらも右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。香川はリーグ戦2試合ぶりのゴールで、今シーズン8点目となった。


優位に試合を進めるドルトムントは前半終了間際にリードを広げる。45分、ムヒタリアンがペナルティエリア手前ゴール正面で右足を振り抜くが、ミドルシュートは相手GKプジェミスワフ・ティトンに弾き返される。だが、こぼれ球に反応したクリスチャン・プリシッチが左足で押し込んで追加点を獲得。17歳のプリシッチはブンデス初ゴールを記録した前節に続き、2試合連続ゴールとなった。前半はドルトムントが2点リードで折り返す。


後半56分、ドルトムントが追加点を挙げる。香川がエリア内左で相手DFを1人かわしてクロスを入れると、中央のアドリアン・ラモスがヘディングシュート。これはGKティトンに阻まれるが、セカンドボールを拾ったムヒタリアンが、左足シュートをゴール左隅に突き刺した。


3点差をつけられたシュトゥットガルトは62分、ルーカス・ルップとエミリアーノ・インスアを下げて、アレクサンドル・マキシムとゲオルグ・ニーダーマイヤーを投入。ドルトムントも76分、マルコ・ロイスとプリシッチに代えて、マルセル・シュメルツァーともリッツ・ライトナーをピッチに送り出す。


さらにシュトゥットガルトは80分、フェデリコ・バルバを下げてフィリップ・ハイゼを投入した。ドルトムントも82分にユリアン・ヴァイグルに代えてヌリ・シャヒンを送り出した。


試合はこのまま動かず、ドルトムントが3-0で快勝。2連勝で無敗記録を14試合に伸ばした。一方のシュトゥットガルトは3連敗で6試合白星から遠ざかる結果となった。なお、香川はフル出場を果たした。


シュトゥットガルトは次節、5月2日にアウェーでブレーメンと対戦。ドルトムントは4月30日にヴォルフスブルクをホームに迎える。


【スコア】
シュトゥットガルト 0-3 ドルトムント


【得点者】
0-1 21分 香川真司(ドルトムント)
0-2 45分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
0-3 56分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報