ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月12日

ミキタリアンの延長は?ギュンドアンは手術の流れ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mk800-1463040371

ドルトムントとの契約を2017年まで残すヘンリク・ミキタリアンとの延長交渉について、先日ミヒャエル・ツォルクSDはkickerに対し、「お休み中だ。新しいことはないよ」と語っていたのだが、同選手の代理人がアメリカ滞在から戻ってきており、ビルト紙に対して「遅くとも10日以内には、はっきりとするだろう」との見通しを語った。


それが意味するところは、DFB決勝前ということだ。


今季20アシストをマークするなど、最も得点に絡んできたアルメニア代表MFとの延長を切望するドルトムントだが、代理人側が契約に例外条項を求める一方で、ドルトムントは契約に例外条項を盛り込まないスタンスをとっており、以前にヴァツケCEOは、「そこには、歩み寄ることはない」と明言している。


ギュンドアンは手術の流れ


一方で同じく2017年まで契約を残すイルカイ・ギュンドアンだが、先日トレーニング中に膝蓋骨を脱臼しており、治療法に関する最終決断は下されてはいないものの、どうやら近く手術を受ける流れにあるようだ。そうなれば離脱期間は最大5ヶ月が見込まれており、果たしてその状況でもマンチェスター・シティが獲得するのか、それともギュンドアンがドルトムントとの長期延長を結ぶことになるのか、こちらにも注目が集まる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報