ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月19日

「3人しか選ばないなんて」…ドルトムント社長、ドイツ代表選考に不満

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ社長が、ユーロ2016に臨むドイツ代表のメンバー選考について不満を漏らした。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。


ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は17日、仮メンバーを含む27名の候補リストを発表したが、ヴァツケ社長は「(今シーズンのブンデスリーガで)勝ち点78を獲得したクラブから3人しか選ばないなんて、きっとドイツ代表は非常に調子が良いのだろうね」と、皮肉たっぷりに話したという。


レーヴ監督はドルトムントからDFマッツ・フンメルス(バイエルンへの移籍が決定)とFWマルコ・ロイス、MFユリアン・ヴァイグルを選出。しかし一方では、過去最高に近いシーズンを過ごした元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァー、2014年のブラジル・ワールドカップ優勝メンバーである同DFマティアス・ギンターと同DFエリック・ドゥルムなど、かつての常連組が選外となっている。


ただ、ヴァツケ社長はヴァイグルの代表入りについては満足しているようで、「彼はドイツ代表に値する選手だ。もしユリアン(ヴァイグル)が地に足をつけ、ドルトムントでやっているようなプレーを今後も続けていけば、彼の前にはとてつもなく巨大な未来が待っている」とコメントしている。


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報