Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月21日

香川が別メニューも、トゥヘル監督「念のため」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DFB-Pokal - Pressekonferenz

CLとポカールを合わせ、ここ5年で5度目の決勝進出を果たしたボルシア・ドルトムント。トゥヘル監督は「決勝で勝利を収めることを考える権利はあるだろう。そして我々としてもそれを求めていきたい」とコメント、ただその一方で「ただすべてが思い通りにいったわけではない。そこでは数%が不足していたんだ」と言葉を続けた。


「気持ちをしっかりと引き締めた上で、格下だという気持ちに陥ってはならないよ」


またこの試合が、バイエルンの指揮官としても最後となるグアルディオラ監督は、敵将であるトゥヘル監督との別れを惜しみ、一方のトゥヘル監督も「ペップは緊張感をもって、高いパフォーマンスを引き出させる人物だ」と称賛。


なお風邪から回復したロイスと香川真司が個人練習を行っていたが、トゥヘル監督はあくまで「念のための措置だ」とコメント。長期離脱の選手を除き、全員が「体調は良いし、準備はできている」との見方を示している。


先発予想

スクリーンショット 2016-05-20 14.23.46


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker