Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月15日

ドルトムント、ビルト紙のロイス重傷説を否定

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ボルシア・ドルトムントは、大衆紙ビルトがポカール決勝バイエルン戦にて、内転筋に腱断裂を抱え長期離脱に入ると伝えたことについて否定した。


現在休暇中のロイスは、軽い恥骨炎と内転筋に軽い損傷を抱えており、「ロイスは順調な回復を見せており、8月中旬には再び全力で負荷をかけられるところまでくるでしょう。腱の断裂や恥骨に重傷を負って年内絶望ということはありません」と説明。


ただし時期的にみると、開幕戦についてはまだ微妙な情勢だ。


5月31日に27歳の誕生日を迎えた同選手だったが、奇しくもこの日に負傷のため代表を離脱することが発表。2014年のワールドカップに続き、またしても大舞台でのプレーは夢となった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker