Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月02日

ミキタリアンのマンU移籍が確定

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ボルシア・ドルトムントは今夏、主将マッツ・フメルス、イルカイ・ギュンドアンに続き、ヘンリク・ミキタリアンをも失うこととなった。kickerが得た情報によればマンチェスター・ユナイテッドは、移籍金4250万ユーロを支払う模様。


ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「集中的な話し合いを行った結果、今回の移籍は我々にとって、新たな状況を作り出すためのベースになると判断した。つらい移籍だが、しかしマンチェスター・ユナイテッド側は巨額のオファーを提示したんだ。これでもし来年にフリーで手放していれば、我々は大きな失望を感じることになっていただろう」と決断の理由について説明した。


もともと同選手との延長を目指していたドルトムントだがミキタリアン側は拒否。それでもヴァツケ氏は、フメルス、ギュンドアン、ミキタリアンとの同時放出について否定的な見方を示していたものの、それでもマンチェスター・ユナイテッドの財力がドルトムントを翻意させることに成功している。


ミキタリアンは2013年にシャフタール・ドネツクから、移籍金2750万ユーロでドルトムントに移籍。1年目は9得点9アシストと上々の初年度を過ごしたものの、2シーズン目ではチームとともに苦しむ結果となり、わずか3得点。だがトゥヘル監督就任からは目覚ましい飛躍を遂げ、11得点20アシスト、kicker採点平均では2.57をマークした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker