Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月09日

ドルトムントに罰金、部分的無観客処分の恐れも

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

DFBスポーツ裁判所はボルシア・ドルトムントに対し、ファンが行った不適切な行動4件に対して計7万5000ユーロの罰金を命じる判断を下した。2016年終了までに、安全対策のために3万ユーロを投じて改善を行う必要もある。


さらに処分は執行猶予つきであり、再び問題が起こった場合いにははホーム戦での部分的無観客処分となる可能性もあるとのこと。その際にはドルトムントの名物である南側の立ち見席の一部が、無観客の対象となる模様だ。


今回の処分の理由となったうちの1つは、5月21日に行われたバイエルンとのDFBポカール決勝であり、そこでドルトムントのファンが激しく煙を炊いたことで後半開始時間が延期されたほか、また2月21日のレバークーゼン戦での火器類の仕様と、3月5日のバイエルン戦での飲料容器がウォーミングアップをしている選手へと投げつけられており、さらにシュトゥットガルト戦ではテニスボールがピッチに投げ込まれて一時中断を余儀なくされた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker