ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月04日

香川真司がジュニア世代へアドバイス「目標を持って取り組むことが大事」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、3日に発売された『サッカーキング・ジュニア』内のインタビューで、自身のジュニア時代の思い出やプロになるまでの経緯を語った。


香川は中学時代に地元・神戸から遠く離れた仙台へのサッカー留学を決意。所属先のFCみやぎバルセロナでは、「同じように県外から来ている選手は自分を含めて2、3人ほどしかいなかった。周りの選手はほとんどが実家暮らし。そこでハングリーさを養えた」と当時からストイックな姿勢でプレーしていたことを告白した。


プロ選手を目指すジュニア年代のプレーヤーに対しては、「しっかりした目標を持って取り組むことで、その後の人生が大きく違ってくる」とコメント。自身の少年時代の経験を踏まえながらアドバイスを送った。


小学生のためのサッカー情報誌『サッカーキング・ジュニア』は、すべてにルビを配し、読者である小学生が読みやすいように工夫されている。同時に、一般的なサッカー誌よりも文字数を減らしイラストや図解、写真などを多く使用。本誌内では香川をはじめ、多数の日本代表選手のインタビューも掲載されている。


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報