ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月19日

ドルトムント、クラブ史上最高額の売上を記録

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1471603199

ボルシア・ドルトムントは昨シーズンに、クラブ史上最高額となる売上を記録した。


これはハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが明らかにしたもので、2015/16シーズンは、3億7630万ユーロを記録。これは昨年よりもおよそ1億ユーロ(36%)増を意味するものだ。純利益は2940万ユーロで、こちらも昨シーズンの2390万ユーロを上回っている。


特にギュンドアン、フメルス、カンプル、ホフマンらの移籍金を除いたとしても、チャンピオンズリーグではなくヨーロッパリーグ出場ながら、ドルトムントは昨季よりも約6.7%の売上増を達成した計算だ。


ドルトムントはこの5年間での税引き後の利益が合計1億3100万ユーロとなり、そのうちの550万ユーロを株主へと配当。


ヴァツケCEOは「そのうちに」4億ユーロの大台突破を目標に掲げており、「実現するなら大きな一歩となる」との考えを示した。


確かにTV放映権料の変化や、チャンピオンズリーグによる2018年のリフォーム、さらに国際市場の開拓などを通じて、さらなる上昇が見込まれるだろう。


なおチケット等の売上は4670万ユーロ(%プラス)、PR・スポンサー料は8460万ユーロ(12%プラス)、TV関連は8260万ユーロ(1%プラス)、小売販売は3980万ユーロ(1.4%プラス)、ケイタリングは2750万ユーロ(3.4%プラス)。


なお人件費については昨季は1億ユーロだったが、今季は1億1150〜1億2千万ユーロが見込まれている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報