Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月23日

香川が2発、シュールレが加入後初ゴール! ドルト、格下相手に快勝でリーグ開幕戦に弾み

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DFBポカール1回戦が22日に行われ、アイントラハト・トリアー(4部)と日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。


14日に行われたドイツ・スーパーカップでバイエルンに敗れ、今シーズン初タイトルを逃したドルトムント。ブンデスリーガ開幕を1週間後に控え、格下相手にしっかりと勝利を収めて弾みを付けたいところだ。今夏バイエルンから復帰を果たしたMFマリオ・ゲッツェが負傷でメンバー外となった一方、同じく新加入のMFアンドレ・シュールレが左サイドで先発。そのほか、MFウスマン・デンベレやFWピエール・エメリク・オーバメヤンらが起用され、香川はトップ下に入った。


立ち上がりから試合の主導権を握るドルトムントは、開始8分に幸先良く先制する。前線で縦パスを受けた香川が左サイドへ展開すると、シュートがクロスを供給。これはDFに阻まれたが、こぼれ球に反応した香川が落ち着いてゴール右に流し込んだ。


香川の今シーズン公式戦初ゴールでリードを得たドルトムントは33分に追加点を奪う。エリア手前右からゴンサロ・カストロがゴール前にスルーパスを送ると、エリア内左に流れたボールを香川が左足で押し込んでネットを揺らした。


さらに前半終了間際の45分、敵陣をドリブルで持ち上がったデンベレがエリア内右にスルーパス。抜け出したオーバメヤンがクロスを上げると、ファーサイドにフリーで走り込んだシュールレが右足ダイレクトで合わせる。GKの手を弾いたボールが右ポストに当たってゴールへ転がり込み、リードが3点に広がった。


後半に入り53分、ドルトムントは右サイドのデンベレが上げたクロスにゴール前のオーバメヤンが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。73分には香川からパスを受けた途中出場のエムレ・モルがミドルレンジから左足で強烈なシュートを放ったが、GKの好セーブに阻まれた。


その後も相手ゴールに迫ったドルトムントだったが、追加点を奪うには至らない。それでも危なげなく時計の針を進め、試合は3-0のまま終了。香川の2得点とシュールレの加入後初ゴールで快勝を収めたドルトムントが2回戦進出を果たした。なお、香川はフル出場している。


ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第1節でFW武藤嘉紀所属のマインツと対戦する。


【スコア】
アイントラハト・トリアー 0-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 8分 香川真司(ドルトムント)
0-2 33分 香川真司(ドルトムント)
0-3 45分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)



king



 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker