Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月28日

開幕戦フル出場の香川、個人のプレーには不満も「勝てたことが一番の収穫

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、27日に行われたブンデスリーガ第1節のマインツ戦を、「めっちゃ苦しかったですけど、とりあえず勝てたのでそれが一番の収穫です」と振り返った。


香川が先発出場したドルトムントは、17分にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールで幸先良く先制。89分にオーバメヤンがPKで待望の2点目を挙げると、後半アディショナルタイムに途中出場の日本代表FW武藤嘉紀にヘディングシュートを叩き込まれたが、このまま2-1で逃げ切り、開幕戦を白星で飾った。


チームとしては先制点の後に攻撃が停滞。なかなか追加点を挙げることができず、苦しみながらの勝ち点3獲得となった。だが香川は、「全然悲観する必要はないし、最初はやはり厳しい戦いが続くなと思います。メンバーも変わって戸惑いはあると思うんですけど、絶対うまく行くと信じて、次の試合はもっと良くなるように。今日は、日本でもなかなかないような暑さだったので、体力的にキツかったですけど、まず勝つことが第一で、勝ててよかったです」と、多くの新戦力が加わった中で迎えたリーグ開幕戦は苦労することが想定内だったと主張。結果をポジティブに捉えている。


ただ一方で、個人的には「今日は本当にキツかったから、全然納得いくプレーではないです。走りきることは意識しましたけど、まだまだ課題はありそうです」と反省を口にした。


開幕を迎えたばかりだが、この後はインターナショナルマッチウィークに入るため、リーグ戦は一時中断。香川も日本代表の一員として2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合を戦う。


「切り替えて、本当に今日みたいに相手も厳しいチームですし、みんな死ぬ気で来ると思うんで、ホームでいいスタートを切れるように一試合目は特に集中して、時間はあると思うので、準備していきたいと思います」と意気込みを語ると、「うまく行くに越したことはないですけど、絶対に厳しい戦いが待っているんで、やはり前回(のW杯予選)を経験している僕らがしっかり引っ張ってやっていきたいと思います」とコメント。チームをけん引していくという強い姿勢を示している。


日本代表は9月1日にホーム・埼玉スタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)代表と対戦。同6日にはアウェーでのタイ代表戦を控えている。


きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker