ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月29日

開幕戦を振り返るドルトムントの新戦力ローデ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

今夏にバイエルンからドルトムントに加入したセバスチャン・ローデ。その開幕戦であるマインツ戦では、苦しみながらもホームで勝ち点3を確保することに成功した。そんなローデが語る開幕戦、今後の改善点、気候、そしてチーム再建について


… 開幕戦を終えて: 「全てがうまくいっていたわけではない。まぁだからこそ、勝利でシーズンをスタートできたことはとても重要なことだろうけどね。マインツは確実に厄介なチームの1つなんだ。昨シーズンではバイエルンから勝利を収めているようなね。だから彼らから勝利ができたというのは何よりだったし、それ以外の部分は代表戦開けから良くなっていくさ」


… ドルトムントが改善すべきポイント: 「特に前半では、ボールを回すという点で遅すぎた部分があったと思う。そういった部分を改善していって、深い位置でのスペースをもっとうまく見つけていくようにならなくてはならない。そのあたりは準備期間でのテストマッチでうまくやれていたんだけど。ただマインツに対して賛辞も送らなくてはならないさ。彼らのディフェンスはとても規律がとれていたしね。これから代表戦期間の2週間に入るけど、確かに多くの選手がいるわけではないが、休暇後にはまたいい形で再スタートを切れると思うね」


… 新加入選手の慣れ: 「デンベレと僕に関しては、準備期間の最初からチームに参加しているし、とてもいい感じだ。多くの練習と試合を通じて、とてもよく分かり合えているよ。デンベレについては、彼の大きなポテンシャルは誰の目にも明らかだと思う。他の選手にも言えることだけどね。ピッチに立てばクオリティはすぐに目に入るものだよ」


… 土曜日の暑さについて: 「簡単ではなかった。今週ずっと暑かったし、スタジアムの中ではあまり空気の流れがピッチにあるわけではなくて。準備期間でみせていたような、シャープさをあまり出せていないことはピッチで気づいていたよ。ただ最終的には勝ち点がものを言うし、その点で僕たちはうまく頑張っていたとは思う」

.

… チーム再建について: 「ここにはとても若くで大きな才能をもった選手たちがたくさんいる。何人かの選手については、とてつもないポテンシャルもあるけど、まだまだ若いしこれから多くのことを学んでいかなくてはならないけどね。でもこのプロジェクトの一員であることに、僕は誇りを感じているよ」

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報