Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月31日

ドルトムント、移籍期限最終日での動きは無しか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Torjubel Torschütze Christian Pulisic li trifft zum 0 1 und Adrian Ramos Vasquez Borussia Dort

移籍期限最終日では複数選手に移籍の可能性があったボルシア・ドルトムント。しかしkickerが得た情報によれば、これ以上の入れ替えが行われることはなく、28選手でこれからのシーズンに臨んでいくことになりそうだ。


移籍が予想されていたのはクリスチャン・プリシッチ、ネヴェン・スボティッチ、パク・チュホ、そしてアドリアン・ラモスら。マティアス・ギンターに対してはハンブルクやヴォルフスブルク、さらにはライプツィヒからの関心が伝えられたものの、トプラクの獲得に至らなかったこともあって、これ以上のCBの売却には応じる考えはない。


プリシッチに対しては、先週にリヴァプールから1200万ユーロの打診があったことが伝えられたがドルトムント側はこれを拒否。スボティッチについては、一度はミドルスブラへの移籍がまとまったものの、その後に手術を受ける可能性があることが判明して破談となっている。なお移籍金額は800万ユーロで合意していたようだ。


さらにここまでの公式戦いまだメンバー入りのないヌリ・シャヒンも控えており、これから五輪参加選手や負傷から復帰するロイスなどを含め、ドルトムントの定位置争いは過去に類を見ない激しいものへとなっていくだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker