ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月09日

香川真司が足首を捻挫、ライプツィヒ戦での出場が危惧

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image-167-18-47-35

土曜夕方から行われる昇格組ライプツィヒとのアウェイ戦に向け、プレスカンファレンスに出席したトーマス・トゥヘル監督は、香川真司が代表参加中に、足首に捻挫を抱えていたことを明かした。

出場の可否については、試合当日に判断することになるという。

今回の代表戦でW杯予選を戦った香川は、まずは埼玉でUAEと対戦。その後にバンコクで別メニューをこなしたのち、タイとの試合でも先発出場している。

今季ボルシア・ドルトムントでは、ドイツ代表の2選手シュールレとゲッツェを獲得するなど、過去にないほどの激しい定位置争いが繰り広げられており、ここまで香川は公式戦3試合全てでフル出場。ポカール1回戦では2得点をマークした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報