ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月08日

プリシッチが米国代表で史上最年少デビュー

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pulisictnt-1473233050
ロシアワールドカップ・北中米カリブ海予選。グループCのアメリカは、トリニダード・トバゴとの直接対決を4−0で制し、グループ1位で通過を決めた。

試合後、「これが目的だったからね」と喜びをみせたクリンスマン監督。

なおこの試合では、先日代表最年少得点を決めたクリスチャン・プリシッチが、今度は代表史上最年少での先発出場を17歳と353日で達成。そして2得点に絡むなど、インパクトを残す納得のパフォーマンスを披露している。

ESPNで解説を務める元米国代表のマクブライド氏は「彼がベストプレーヤーだった」と絶賛。「期待以上の力強さをみせていた。彼がボールを触ると危険な状態となっていた」と評し、「スペクタクルだった。クリンスマン監督の起用に、見事にプリシッチが応えた」と賞賛のことばを続けた。