ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月12日

ドルトムントのヴァイグルが頭痛を訴え

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10 09 2016 Fussball 1 Liga 2016 2017 2 Spieltag RB Leipzig Borussia Dortmund in der Red Bull A
週末の試合で鼻を負傷したユリアン・ヴァイグルが、日曜日の練習では頭痛を訴えて軽めの練習を行った。

ライプツィヒ戦での終盤、鼻に打撲を受けて鼻血を出していた21歳のボランチは、日曜日に受けた検査の結果で「鼻骨の骨折にカテゴリー的には含まれる」ものの、マスクなどをつける必要はなく、クラブ側の発表によれば水曜に行われるチャンピオンズリーグの出場も問題はないとのこと。

昨季に2部1860ミュンヘンから加入したヴァイグルは、トゥヘル監督の下でいきなりドルトムントに主力へと飛躍をとげ、今夏にはドイツ代表としてユーロ2016にも参加

ただここまでブンデス1部32試合、ドイツ代表として3試合に出場しているものの初得点はいずれもお預け、アシストも昨季8月6日にEL予選ヴォルフスブルガーAC戦で記録したアシストがここまで唯一の記録となっており、今季の課題として自身も「さらに得点力を身につけること」と掲げている。