Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

CLデビューで大活躍のゲレイロ「ゲッツェとのプレーは喜び」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Legia Warszawa v Borussia Dortmund - UEFA Champions League
復帰を果たしたチャンピオンズリーグでの初戦、ボルシア・ドルトムントはこれ以上ない出だしを見せることに成功した。週末のライプツィヒ戦での苦い敗戦から、6−0と大勝を収めることに成功したこの試合で、ひときわ輝きを解き放った選手こそ、今夏に加入したラファエル・ゲレイロである。23歳のポルトガル人DFが語る、CLデビュー、ゲッツェ、そして新たな役割について。




… ワルシャワで6−0での勝利。最初のCLでの試合でしたが、どれほど満足感を感じていますか?

ラファエル・ゲレイロ:ドルトムントでチャンピオンズリーグ出場を果たす。それを希望していたからね、とてもうれしいし、満足しているよ。アウェイ戦での勝利という形でスタートを切ることができた。これは僕たちにとっては、とても重要なことさ。

… ワルシャワでの先発デビューで、いきなりマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍をみせています。ご自身のパフォーマンスについてはどうお考えですか?

ゲレイロ:僕にとっては、ベンチからでも先発でもどちらでもいいよ。常に全力を尽くしたプレーをしたいと思っているんだ。いい印象を持ってもらえたなら、もちろんとても嬉しい。これからもチームのためベストを尽くしていくよ。

… ゲッツェと非常に息が合っていた印象でした。ツォルクSDは「いい選手同士は分かり合えるもの」と賛辞を送っています。

ゲレイロ:そうだね。マリオは素晴らしいクオリティをもった、素晴らしい選手だ。彼のとなりでプレーできることは喜びだよ。とても居心地の良さを感じていたし、お互いに見つけ合いながらプレーできた。彼はとても大きなクオリティをもった選手だね。

… 本来は左サイドバックを本職とされているわけですが、今回プレーしたCMFというポジションは、トゥヘル監督下では初めての起用ではありません。どこのポジションにやりやすさを感じますか?

ゲレイロ:ずっと左サイドバックでプレーしてきたからね、とてもやりやすさは感じるよ。僕も左サイドバックとして、ドルトムントに加入したと思っていた。でもここにきたのは、多くのことを学ぼうと思ってのことでもあるんだ。もしも監督がMFとして起用するなら、僕はそこでベストを尽くしていくよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker