ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月19日

【スポルティング1−2ドルトムント】結果,コメント, MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Champions League Sporting Lisbon vs B Dortmund Lisbon 18 10 2016 The Sorting CP received tonight

マン・オブ・ザ・マッチ:ゲウソン・マルチンス

【得点】
0−1:オーバメヤン(9分、ゲッツェ)
0−2:ヴァイグル(43分、)
1−2:ブルーノ・セザール(67分、ウィリアム・カルバーリョ)

【試合スタッツ】
香川真司:フル出場
(シュート数1、アシスト性のパス1、タッチ数53、対人戦勝率29%、パス成功率86%)

【試合後コメント】
トーマス・トゥヘル(監督:ドルトムント)
今日は非常に若く、経験の浅い選手たちで、試合に臨むことになった。しかし自信をもってプレーし、前半では試合を支配して、アグレッシブにプレーしていたよ。先制点を許してからのスポルティングは、非常にリスクをかけてプレーし、プレッシャーをかけてきたよ。1−2となってからスタジアムは大きな盛り上がりを見せていたのだが、しかしうちの選手たちはそれに動じることなく取り組み続けていた。非常に嬉しく思うよ。ただ後半からは、緊張の糸が切れてしまった。二つの簡単なミスをおかしてしまっていたよ。ただ選手達は頑張っていたと思うし、勝利にふさわしくはなかったとは思わない。とても貴重な勝ち点3を手にしたね。
…ヴァイグルのゴールについて
練習以外で記憶にないな。たしかサロニカ戦での最終調整だ。しかも私はそれをビデオでみたよ。今日のように驚いたものだね。
…同点かと思われたがドストのオフェンスファウル
ドストはビュルキに思いっきりぶつかっていたからね。別に審判が我々に有利にジャッジしてくれていた試合でもなかったさ。ただそのことをいろいろと言いたくは無いけどね。

マリオ・ゲッツェ(MF:ドルトムント)
勝ち点3を得たのだから、いい仕事をしたと言えるさ。最後はばたついたところがあったけど、でも試合の大半については比較的に満足することができると思う。タフな試合だった。チームに大きな賛辞を送りたい。今回の勝ち点3をとても嬉しく思うよ。

ユリアン・ヴァイグル(MF:ドルトムント)
得点したシーンについては、そこまで詳しく覚えてはいないんだ。ようやく決まってくれて、とにかく嬉しかったよ。監督はいつも、サイドネットを狙って蹴るように話していて、まさにそれを形にすることができたよ。たぶん最後に得点したのは、1860ミュンヘンのU19の時だと思う。

ロマン・ビュルキ(GK:ドルトムント)
とても疲れたね。メンタル面でも。神経を使ったよ。プレッシャーをかけられたからね。97分もプレーしたというのも貴重な経験だった。
…間接フリーキックになったあの場面について
バルトラが僕のことに気づいていると思っていたんだけど、でも彼は相手選手の方に意識があって顔を上に向けていた。それで蹴ってしまい、そうなると僕はそれをキャッチするか、あえて取らないでゴールから外れることを希望する以外になかった。」
…選手が倒れたためにボールを外に出すもプレーを続けられた
あんなことは経験したことがないね。本当に残念なことだよ。ボールをわざと外に出したというのに、それをチャンスとして使うなんて。
…同点かと思われたがドストのオフェンスファウル
あの時ドストも僕もボールに向かっていた。そして僕があそこに行けなかったのは、彼がいたからだ。ちゃんとファウルの笛を吹いてもらってよかったよ。

ミヒャエル・ツォルク(SD:ドルトムント)
…緊張感のある試合
1点を返されてからばたついてしまった。ボールも相手もうまくコントロールできなかったね。スポルティングに対して、ビルドアップで無駄なミスをおかしていた。
…厳しいチーム状況
Aユースの選手が3人も出場したんだ。負傷者の影響もあったし、リズムもなかなかつかめていなかったところもあったと思う。まだ万全ではなかったよ。ただそのなかでも見せてくれたパフォーマンスに満足しているし、結果もよかったさ。
…ツキと不運
同点にされるかもしれないというプレッシャーが、体力に影響していったところもあるし、ドストのヘディングが外れて救われたというところもある。しかしオーバメヤンが2・3回のビッグチャンスを決め切れていなかったというのmpあるしね。前半ではもっとリードして、ふさわしい形で勝利できた可能性はあるよ。
…選手が倒れたためにボールを外に出すもプレーを続けられた
我々は2度、ちゃんとボールを返したというのにね。あれはスポーツマンシップから外れた行為だよ。30年この世界にいるがはじめてみた。あんなことはよく無いね。
…若手選手について
誇りに思うよ。パスラックがゲウソン・マルチンスを相手に奮闘をみせていた。彼のパフォーマンスは賞賛に値する

cl3-21cl3-22


  • ブンデスリーガ・各チーム情報